|  ホーム  |  会社情報  |  業務内容  |  採用情報  |  販 売  | お問い合わせ |
ホーム業務内容放送マスター・放送準備・CG・スタジオ・制作・中継
放送
マスター
放送準備
CG
スタジオ
制作
中継
■■マスター
放送局の主調整室は、マスターコントロールルームとも呼ばれ、マスターと省略されて呼ばれています。
一日の番組の順番や、コマーシャルの順番、時間などにミスがないように、自動番組運行装置(APC)と呼ばれるコンピュータで動いています。
すべての映像をチェックしているため、多くのモニターが設置され、日本標準時に較正された時計を基準にして番組が放送されます。
万が一停電した時も、自家発電装置が作動して放送が止まらないようになっています。
当社では福島テレビの業務委託を受け、主調整室(マスター)の監視業務などを行っています。
■■放送準備
福島テレビで放送するCMや提供、番組を事前にチェックし、放送運行にかかわる様々な準備をしています。
放送されるCM・提供・番組は一旦サーバーに登録し、日々のスケジュールに合わせ正しく放送できるようにします。(CMや番組のプレビュー、提供作成、コメント録音などの業務を行っています。)
■■C G
テレビ番組の制作に欠くことのできない技術・・・それが、CG(コンピュータ・グラフィックス)です。番組を飾る3Dロゴアニメやタイトルバック各種のテロップ文字など、CG業務に高いスキルを持ちスピーディーにクオリティの高いCG制作を実現しています。
■■スタジオ
スタジオでは、ニュースをはじめとする様々な番組の生放送や収録などを担当しています。
スタジオの中には、出演者、カメラ担当者、FD(フロアーディレクター)などが入り撮影します。
サブ(副調整室)には、スタジオ映像などを切り替える映像卓、映像の色・明るさを調整するVE卓、マイクやCDなどの音量を調整する音声卓、ディレクター卓のほか、照明を調整する照明卓などがあり、D(ディレクター)、SW(スイッチャー)、VE(ビデオエンジニア)、ミキサー(音声ミキシング)、SE(音声効果)、LD(照明)などを担当しています。
■■制 作
制作はディレクターが集まる部署です。
企画や打合せから、撮影・編集・MAと作品づくりのすべてに立会いお客様が持っているイメージを映像化します。
当社ではテレビ番組を始め、テレビCM・ラジオCM・プロモーションビデオ・記録映像など様々な作品を手がけてきました。
また福島テレビにスタッフを派遣し、番組制作に携わっています。
■■中 継
機動性に富んだ中継車を使用しての中継業務は、報道現場からニュースの生放送はもちろん、制作番組の生放送、中継録画のD・SW・VE・カメラ・音声を担当します。
生放送の場合、中継現場からの電波を演奏所へ直接送るFPU(Field Pickup Unit) 地上波や、地形条件などにとらわれず通信衛星を利用していたる場所からでも中継ができるSNG (Satellite News Gathering)を使用します。 ニュース中継は、事件・事故・災害等の緊迫した現場から、正確な情報と映像を発信します。
制作中継は、スポーツやイベント情報などを視聴者の皆様にわかりやすく楽しんでいただける番組作りをしています。