STUDIO CAMERA

生放送や番組収録のテレビカメラを操作します。 単に被写体を撮るのではなく、番組の進行台本や構成、演出意図に沿ってカメラワークを行います。スタジオ全体の雰囲気や出演者の表情をいち早く察知し、さまざまなシチュエーションを想定しながら映像表現をする重要なポジションです。

STUDIO SOUND ENGINEER

副調整室(サブ)にてマイクロフォンで収音した音素材に、他の音を付加・調音して送り出す仕事がミキサー(MIX)と呼ばれるスタッフです。マイクに対する特性の知識が必要で吸音に見合ったマイクを選択したり、最も効果的な場所にマイクをセッティングするなど鋭い聴感とセンスを要求されます。 若いスタッフから経験豊富なスタッフがおり、女性も活躍している現場です。

RELAY

機動性に富んだ中継車を使用し、事件・事故・災害等の緊迫した現場から、正確な情報と映像を発信します。報道現場だけでなく、スポーツやイベント情報など視聴者にわかりやすく楽しんでいただける番組作りを心がけています。 生放送の場合、中継現場からの電波を演奏所へ直接送るFPU(Field Pickup Unit) や、高画質の映像を取得・管理・送信できる中継機器のLiveU、地形条件などにとらわれず通信衛星を利用して中継ができるSNG (Satellite News Gathering)を使用します。

MASTER CONTROL ROOM

当社では福島テレビの業務委託を受け、監視業務などを行っています。テレビマスターはテレビ放送の最終段で、番組・CMが正しく放送されているか放送運行データを基に24時間監視。ニュースや気象の速報スーパーの送出操作や、災害や突発的な事件が起きた場合の特別番組へ切替え操作も行っています。 また、テレビマスターには多くのデジタル放送機器があり、これらの保守管理もテレビマスターの重要な仕事です。

PREPARATION

福島テレビの業務委託を受け、放送素材の事前準備業務を行っています。 あらかじめ編成された番組表に従い、放送素材(番組やCM)を事前に準備する部署です。 放送に関するすべてのデータ収集し放送を組み立てます。 また、放送素材に画面の乱れはないか、放送に適したものであるか、あらゆる角度からチェックします。